信用取引とは費用がそこまでかかるようなものではない

投資のやり方としては簡単

信用取引とは、投資のやり方としてはそこまで難しいわけではないのです。いくらでも信用取引ができるタイプの投資があります。例えばFXなどがそうでしょう。これは外国為替証拠金取引というものであり、要するに為替の変動で儲けよう、と言うやり方になります。投資のやり方としてはまずはFX口座を開設して、そこでインターネットを介して取引をする、ということになるでしょう。そして肝心なのがレバレッジになりますからこれが大事になります。

レバレッジとはどのようなものか

レバレッジというのは、信用取引をする時の倍率になります。例えば五倍であれば自己資金であれば自己資金が五百万円であれば二千五百万円の取引をすることができるようになっています。それはとてもよいことではありますが、リスクも大きくなる、ということになります。実はこれ自体で費用負担があるわけではないです。取引ごとに手数料を支払う、ということになる程度になります。費用というのはそこの部分になりますから覚えておきましょう。

信用取引のデメリットとメリット

信用取引という投資に関してはリスクも大きいですが、とリターンも大きいことになります。それこそがデメリットとメリットになりますから、しっかりと認識しておきましょう。お金を少なからず投じるわけですから、リスクに関しては特に理解を深めておくべきです。どうしてもリスクがありますから、それはよくよく覚悟しておくべきでしょう。しかし、リターンが大きいこともメリットであるのは確かであり、それこそが信用取引の醍醐味です。

信用取引の費用は売買手数料や事務管理費、名義書換料に加えて買方金利や売方金利等が必要になります。また品貸料や貸株料もかかります。