デザイナー系の専門学校についてのこと!その業界とは

資格云々というものはないです

デザイナーには資格はないです。ですから、学校に行っても資格を得られるわけではないでしょう。しかし、いったのといっていないのとでは大きく違いがありますから、注意しておきましょう。つまりは、デザインに関することを体系的に学んでいるのかどうか、ということが重要になります。これが専門学校に通う価値になりますから、よくよく覚えておくと良いでしょう。資格はないのですが、学ぶべきところはしっかりとあるのがデザイン系の専門学校です。

そこで得られるコネについて

学校ですから、少なからずコネがあります。デザイン系の業界というのは意外とこれが強くありますから、そこで形成していくのもよいでしょう。同期、先輩、後輩なども大事にしていったほうがよいです。どんなところから仕事を貰えるのかわからないのがこの業界なのですから、デザインの力も重要ではありますが日々の人間関係も相当に重要なポイントである、というのは知っておいたほうが良いでしょう。後は当然、勉強をしっかりとします。

どんなカリキュラムがあるのか

ファッション系のデザインといっても色々と方向性があります。ですから、その専門学校によって方向性が違うことになりますから、注意しましょう。つまりは、カリキュラムがかなり違うわけです。その点をよくよく認識しておいて、少しでも自分の目指すデザイナーの形になれるような専門学校を選びましょう。就職先としての実績を見る必要性もあります。これも意外と重要な要素であり、やはりその手のコネは途轍もなく大事でしょう。

服飾の専門学校は、アパレルの技術者、パタンナーやデザイナーを目指す人やファッションスタイリストを目指す人の為の学校です。