声優になるにはどうすればいい?専門学校でできることを知ろう

専門学校で技術を学ぶことができる

タレントであったり歌手、俳優や女優になろうとするときはオーディションなどを受ける必要があります。誰でもなりたいから慣れるわけではありません。自分自身を生かせる仕事として声優がありますが、この場合はすこし異なります。声優を養成するための専門学校があり、そちらで技術を学ぶことができます。技術を学んで認められれば、将来的に仕事をすることもできます。学校であればノウハウなども教えてもらえるので、未経験から挑戦することができます。

声を職業にすることを学べる学校

仕事をするときには、何らかの力を使います。昔であれば体を使って農作業などをしたのでしょうが、今は頭を使って行うことが多いです。何を使うかは自分で自由に決めることができますが、声を使った仕事もあります。その一つが声優になります。アニメの主人公に命を吹き込む仕事ですが、専門学校で養成してもらうことができます。専門学校では、その他にも声の仕事のためのことが学べます。吹き替えなどの表現なども学べる場合がありますよ。

声での表現の方法を学べる

誰かが話すとき、誰が話しているか気づかれることがあるでしょう。その人その人で特徴があるからです。通常は自分の声を変えて話そうとはしません。でも、声優の場合は、自分の声を変えるのが仕事になります。役は様々で、女性が男性役をしないといけないこともあります。その時には役になり切った表現が必要になります。専門学校では、声優になるために声の表現方法などを学ぶことができます。表現方法を身につければ、プロへの道も近くなります。

アニメの文化が根強い日本において、声優は人気の職業です。声のだ仕方や発音、演技指導を受けられる声優の専門学校は声優を目指すかたのバイブルです。