学生が公務員になるためには?!知っておきたいこと3選!

公務員試験を受ける?!

公務員になりたい場合、まずは公務員試験を受けなければいけません。第一次試験は筆記試験です。第二次試験以降は面接などが行われます。公務員の筆記試験は、試験科目がとても多く、全部で約50種類以上あるのです。しかし、それらを全て勉強するのではなく、なりたい職業に応じて勉強すると良いでしょう。大きくわけると教養科目と専門科目というものに分類されます。目指す職業によって受験すべき科目が決まっているので、調べておくと良いですね。

試験時期はいつなの?!

公務員試験は、職業によって多少異なりますが、大体は大学4年生の5月から9月の間に行われます。そのため勉強は早めに始めておくようにしましょう。公務員の筆記試験は範囲がとても広い傾向があります。広く多く反復して勉強した方が合格率が高まると言われています。出来るだけ多く解くことができるようにしましょう。また、筆記試験が終われば、すぐに面接が行われます。全てにおいて、のちのち焦り後悔しないように、早め早めを心がけるとよいですね。

大学生の公務員試験対策法は?!

大学生が公務員試験を受けるために対策として行える勉強方法は、大きくわけて四つあります。一つ目は大学の学内公務員講座です。学校に通っていれば受けることが出来るので便利ですね。二つ目は予備校です。分からないことをすぐに講師に聞ける状態なので、効率よく学ぶことが出るでしょう。三つ目は通信講座です。自宅で学ぶことができ、採点してもらえたりわからないところはか聞くこともできます。四つ目は独学です。全てにおいて自分のペースで進めることができますね。

公務員の講座を申し込むにあたり、経験豊かな講師が在籍している予備校の料金システムや授業の回数をチェックすることが大事です。